読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

集まれスクールエスケイパー!

学校からドロップアウトした男二人 なんとか社会復帰した2人が日々感じた事をつらつら書いています

不登校児に寛容であれ

投稿者:アンディ


こんにちは
元スクールエスケイパーのアンディです

最近ふと考えるのが

「もし自分の子供が不登校になってしまったら」という事です

二代続けて不登校児というのも悲しい話ですが

可能性としてはゼロでは無いはずです

むしろ、私が不登校児だったという事を知っていれば

気軽に学校を休むかもしれません

それならそれで別に構わないのですが

私が不登校児だった際に親にして欲しかった事を考えてみると

「心配をしない事」です

心配をされてしまうと色々口を出されたり

そもそも心配させてしまっているという罪悪感やストレスが

ますます状況を悪化させていきます

 

極端な話、最終的にきちんと働いて自立する事と犯罪に手を染めない事が重要なのであって

そこに至る過程はどうとでもなってよろしい

と、ドッシリ構えるという事です

学校なんて行かなくても働く事はできますし

子供の人生は子供のものなのですから自由にやらせとけばいいんです

ただし、道のりの厳しさや学校に行くメリットはキチンと伝えるべきです

親の義務は子供の人生を決める事ではありませんが

導き教える義務はあります

 

兎にも角にも、もし子供が不登校になってしまったら

親自身が悩まずドッシリ構える事が重要です

一番身近な大人が取り乱していたら、子供はより不安になるでしょう

つまり、「不登校児に寛容であれ」です

f:id:schoolescaper:20160813180653j:image